スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足の痛み⑤

手術の前日に入院して、

再度、血液検査、尿検査。

リハビリの先生の所で、手術前にどれだけの稼動域があるのかのチェック。

手術は午後1時からに決まったので、食事は前日の夕飯まで。
水分は朝10時まで。
前日の夜に下剤を飲み、朝には座薬。
準備万端です。

なぜかまったく緊張もなく着々と準備が整い、
手術着に着替え、ストレッチャーにのっても、
これから手術するんだぁって感じで実感がわきませんでした。

娘達を産む時は帝王切開で、局部麻酔がすごく痛かったので
今回は全身麻酔なので注射がなくてよかったぁ位に思ってました。

で、手術室に入り先生から
「がんばりましょうね~」って声をかけられ
酸素マスクをつけられた時、酸素の匂いなのか臭くて
一瞬むせって咳き込んでしまった所までは覚えているけど、
気が付いたら、肩をたたかれ
「おわりましたよ~」と。

私の中では一瞬でしたが、3~4時間の手術でした。

術後は傷口の痛み、寝っぱなしで腰やお尻の痛み、
体温調節がうまくいかないのか
身体が熱くなったり、急に寒くなったりの繰り返し。

でも、最近は痛みは我慢しなくていいらしく、
術後意識がもうろうとしている私の手にスイッチを握らせ
看護師さんが「痛かったこのスイッチ押してね~。痛み止めがでるからね~」と

痛み止めやその他色々な点滴がぶら下がってるし、
足はぐるぐる巻きに包帯がまかれ、太ももにもなんか管がささってるみたいで
色々なところが痛かったけど、痛み止めのスイッチを押す力がでませんでした。

夜には血栓予防で両足にポンプ式のマッサージ器みたいのが取り付けられ
定期的に圧縮されて、さらに身動きがとりにくくなってました。

それでも、たぶん2時間おき位に看護師さんがきて、点滴を取り替えたり
血圧をはかったりするので、そのたびに体制を変えてもらったりして
腰やお尻の痛みをやわらげてもらいました。
傷口の痛みよりも腰やお尻の痛みのほうが辛かったような気がします。

午後に手術をして夕方に終わり、そこから2~3時間おきに看護師がきて
何かしていくので、痛みもあるがウトウト状態で一晩すごしました。
点滴の副作用と酸素マスクの臭さで吐き気もひどかったです。

で、いきなり朝食です。
帝王切開のときはガスが出ないと食事はでなかったけど、
あまり関係ないらしく、おかゆだったけど普通におかずやデザートも付いてる食事がでました。

ベッドをおこして介助もなく1人で食事です。
吐き気がおさまってなかったので、ほとんど食べれませんでした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

げんちょろ

Author:げんちょろ
可愛い息子(キジトラ)・・・
そして、保護した子猫3匹との日々と
娘達のお弁当や
手抜き料理と、エコクラフトをのんびり書いてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
クリックで「NPO法人犬と猫のためのライフボート」を応援 NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お越し頂きありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。