スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足の痛み②


臼蓋形成不全と診断され、レントゲンを見ると確かに骨が足りないのが分かりました。
かぶり?が浅く、大腿骨頭がはみ出している。

DSC_0159_convert_20160905103005.jpg


先生 「まだ空間もあるし、軟骨もあるからしばらくは痛み止めを飲んで様子をみましょう。」と

私 「治らないんですか?」

先生 「はい。いずれは手術になると思いますが、まだ若いので手術はしたくないんですよね~」

私 「え?手術ですか?」

先生 「そうですね~。骨盤を切って広げる骨切り術か人口関節を入れることになりますね。」

私 「はぁ・・・」

先生の言っていることがよく理解できなくてあいまいな返事をして診察終了。

とりあえず、1ヶ月分位の薬を出してもらい、なくなりそうになったら受診することに。

薬で痛みは多少緩和されたけど痛いことにはかわりなく、薬がなくなりそうになったら受診するけど
先生との会話はいつも同じ。

先生 「どうですかぁ?」

私 「痛いです」

先生 「痛いですよね~。じゃぁまた薬出しておきますね~」の繰り返し。

左足の付け根が痛くて受診したけどしばらくすると右足の付け根も痛くなり
それを先生に相談しても

先生 「左足をかばうからどうしても反対の足が痛くなるんですよね~。」
    「またしばらくすると左が痛くなると思いますよ。」

私 「もっと効く痛み止めないですか?」

先生 「これ以上強いと麻薬みたいになっちゃうからだせないなぁ」

私 「そうですかぁ」

こんなやり取りをしながら、半年に一回レントゲンをとり進行具合をみるの繰りかえし。

通院をはじめて1年近くたち、その頃には痛み止めはまったく効かなくなり
立っていても、座っていても、寝ていても、とにかく常に痛みが伴い、
気休めに痛み止めを飲んでる感じでした。
まぁ、効かないなら飲まなくてもいいかと思い痛み止めをやめたら、
さらに痛みが強くなったので、痛みはなくならないけど緩和はされていることがわかったので
薬は飲み続けました。

そして、2回目のレントゲンをとると
右の軟骨がほとんどなくなっていることが判明。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

げんちょろ

Author:げんちょろ
可愛い息子(キジトラ)・・・
そして、保護した子猫3匹との日々と
娘達のお弁当や
手抜き料理と、エコクラフトをのんびり書いてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
クリックで「NPO法人犬と猫のためのライフボート」を応援 NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お越し頂きありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。